カテゴリー「雑草対策」の記事

2019年6月25日 (火)

モグラに負ける

Photo_20190625171001

ドライモルタルに軽い砂利を重ねて、水を撒き、
養生の為にビニールシートを掛けて二日経ってめくってみたら、
両側のレンガが、みょうにデコボコに見える。それも左右で。
レンガが平らに並んで見えるように、砂利の高さは調整した筈なのに。

右側は土の盛り上がりがはっきり見えた。
モグラだぁ。
モルタルが薄かったのかなぁ。
モグラごときに負けるようでは・・・・。

この頃、庭のあちこちでモグラ塚を見つけてる。
さぁて・・・。

手持ちのセメントがもう一袋で終わるから、使いきったら、
土の上に敷くのは防草シートに切り替えようかなぁ。
重いセメント袋を動かすよりラクだろうけど。

とりあえず今日のところは、
この飛び石の行く手に除草剤を撒いておいた。
梅雨時だから、わずかな晴れ間を見逃せない。

 

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

万里の一歩

Photo_35
雑草が生える面積を少しでも減らしたくて、砂利と平板を敷く。

これまでも、平板を敷き詰めて通路を作ってみた。
下地の土を均してドライモルタルを敷き、その上に平板。
モルタルを水で練り混ぜる重労働はしなくても、
雑草が入り込む隙が無くて、
土を被って沈んじゃうってこともなくて、味をしめた。

孫のYOU君も手伝ってくれたし、一人の時もボツボツと、
時間を掛けてなんとかこなせた。

さて今年は、もう30センチの平板の重さが辛い。ラクをしたい。
踏み石は、敷き詰めじゃなくて飛び飛びでいけば数が少なくて済む。
他に何か軽い素材はないかなとネットをうろついて、
軽い砂利、ってものが見つかった。
知らなかったなぁ。

軽い砂利も、ガラスを砕いて加工したものがあったのだけど、
試しに買ってみたら粒が大きすぎるし、真っ白の粒と茶色の粒の混ざったの。
これは好みじゃなかった。

もう一つ、天然の石の軽いの。
軽石のままとはちょっと違うらしくて、発泡させたかな、そんなもの。
売ってるサイトでは、その砂利の上に10円玉を置いて、
色とサイズがわかるようにしてあった。こんなのが欲しかったのだわー!

もう、計画を立てるところから材料を買うまででもテンションが上がる。
軽い砂利メインで、ポツポツと平板の飛び石、でいこうか。
平板は、庭のあちこちに使ってその後土に埋もれていたのを掘り出す。
ここからコッチを回ってアッチまで、
広くやっておけばそれだけ雑草から解放される・・・ハズ。
今の体力では万里にも思えるけど、
またボツボツいこう。

草刈りやらデコボコ均しやらの後、
やっと今日は軽い砂利の袋10リットル一つオープン!
ホームセメントって、10キロのドライモルタル一袋。
軽い砂利は雨や風で流れたり飛んだりするというレビュウを見たので、
砂利を拡げてからモルタルと混ぜ混ぜしてみた。
その上からホースのジョロモードで軽く散水。
今日の距離、70cm位。
うまくいきますように!

そうそう、庭仕事中にホトトギスの声が聞こえた。これはこれは夏担当さん。
鶯と同じように氏神様のある丘から聞こえてくるのかな。
春担当の鶯も健在で、朝、東向きの窓を開けたら、
タイミングを合わせてくれるみたいにトッポジージョ!と聞こえる。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

芝生除草剤  チューリップ掘り上げ  ミニトマト苗  紫陽花  

いきなりこう暑くなってはイケマセンが、晴天続きは有難い。
朝もハヨから庭に出る。

昨日迄に芝生の刈り込みを済ませておいた。
雑草もろともボッサボッサに伸びていたので、電動の刈り払い機でブンブン。
日頃から手入れを真面目にしていたら、芝刈り機を刈り高5センチにセットして
芝刈り機を押して回ればいいのだけど、
伸びすぎた芝は抵抗が強くて、電動でも力が要り過ぎ。ババには無理だった。
Photo_29

芝刈り機と違って草刈機では、ブンブン刈った刈り屑はそのまんまそこに在るから邪魔。
熊手で掃き寄せる、これがまたひと仕事。暑い時にすることじゃない。
雑草もろともであっても、取り敢えず見た目は均一に近い芝生に見えて気分はよろしい。
その雑草をこれ以上のさばらせないために、芝生用の除草剤をシャーシャー。
この除草剤は「茎葉処理型」。
以前は土壌処理型との区別が必要なのを知らずに、
土壌に残留する成分がやや傾斜のある芝生の下側にあった灌木類を根からダメにした。
ま、失敗だらけの庭ではあります。

終わった時が朝9時前だけど、お日様は既にカンカン。あち~ぃ・・・。

Photo_25 
チューリップの葉が黄色くボロクなったので球根を掘り上げ。
植えた時は50個だったのに、どうも数は減ってるみたい。
皮だけになったのもある。仕方ないね。下手なんだから。

Photo_27
スナップエンドウが終わったプランターに、ミニトマトの赤と黄色を一本ずつ、
バジルも添えて、お力添えを頼む。
土には、虫除けにオルトラン粒剤と、既成の粒状堆肥とリンカリ肥料を混ぜた。
孫くん達の夏休みにはできてるかな。

Photo_28
紫陽花がボツボツ。
梅雨時に似合うのは確かだけど、こんな暑い日の朝早くも、涼し気でいい。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

鯉幟  アケビ始末

2019
鯉幟のポールと矢車の準備は、4月中に子供達が済ませてくれていたけど、
庭に立てて鯉を泳がせるのはやっと今日、子供の日になった。
晴れてよかった。

                    ✨

フェンス沿いに植えた目隠し用の木を伐採したのをきっかけに、
繁り過ぎになりがちなものを根っこから始末する気になった。
手に負えないのがもう現実になってきてるから、庭の終活。

今日は、アケビを2本、根元から切って切り株に除草剤を掛けておいた。
2種類植えれば実が期待できるらしくてそうしておいたけど、
まだ実を見ないうちにオシマイ。

その周囲の、背が高く繁ってしまった雑草も刈り払い機でざっと刈り、
除草剤を掛けた。
うまく枯れたら、そのあとはドライモルタル利用で30センチ角のコンクリ平板を敷く予定。
その場所は一応平板を敷いていたのに、モルタルを使っていなかったから
土を被って雑草に埋もれていた。

 

| | コメント (4)

2018年11月 6日 (火)

見切りをつけて除草剤

植えて10年くらいになるのかな、羽衣ジャスミンの花が、とんと咲かない。
はじめの何年だか、4月ごろにちゃんと咲いた。
ジャスミンと名はついても、これはジャスミンティのあの芳香とは違う香りだった。
香りはともあれ、咲いてくれたらいいのに、葉ばかり繁るし、ヘンに枯れたりする。
何が原因だかわからないまま、咲く気が無くて、引退したいんだね、という結論。

うまく育てられないものを放っておくより、その場所には別のものを植えて楽しみたい。
久しぶりで除草剤を取り出した。
羽衣ジャスミンの足元めがけてシューシューッ。
枯れる気なら根っこからすっかり終わりにしてくれた方がいい。

そういえば、除草剤で始末したいものが他にもあった。
建物とイヌバシリの隙間に勝手に生えて蔓延った蔓日々草。
夏に咲く紫色の花は可愛いけど、伸びた蔓は地面に新しい根を生やして増えていく。
場所によっては迷惑なんだから。

庭のあちこちで元気な笹にも、除草剤。
あんまりうれしくない仕事だけど。

                    

Photo
庭の端っこのピーマンが細々ながらまだ生ってる。
なんだか真っ赤なものが見える・・・と寄ってみたら、
見落としていたピーマンが一個、大きく赤くなっていた。
ちょっと儲けた気分。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

芝生の除草剤 茎葉処理型と土壌処理型

芝生を拡げるのがシュミのBBとしましては、芝生に生える雑草対策が大事。
これまで、芝生全体に均一に振り掛ける顆粒状の除草剤を使ってきた。
日本芝などのイネ科の植物には作用しないということで安心して振りフリしていた。

今、その除草剤にストップをかけたところ。

少し傾斜した芝生の下側に植えてあった低木類が、ダメになった。
庭ナナカマド・アカメ柳・馬酔木・それに山吹も。

全体が枯れて、根が傷んでいるのが判って、引っこ抜いて終わり・・・哀れ。
それだけダメになってやっと疑問を持った。ニブイなぁ。
芝生の除草剤のせいじゃないの?

除草剤って、どれも、雑草の葉っぱや茎に掛けたら根っこまで浸透して効いて枯れる、
地面に落ちたらその時点で薬は無力化する、
そういうものばかりだと思っていた。
だから、周囲の植物に掛からないようにさえ気を付ければ大丈夫だと思っていた。

いろいろダメにしてからやっと、何か違う?と疑った。

                    

芝生用に限らず、除草剤には、茎葉処理型と土壌処理型の2種類があるらしい。

   茎葉処理型は、茎や葉に掛けたら根っこまで浸透して全体が枯れる。
             薬液は地面に落ちた時点で効力がなくなる。
             植物に掛かったものだけの効果。
  
   土壌処理型は、地面に残って効果を継続して、新しく落ちた種にも効く。
             雑草の発生前、発生初期に使用する。
             傾斜地では絶対に使用しないこと。
             

芝生用にBBが使っていたのは、この土壌処理型だった。
地面に数か月残る除草効果が、水で流れて斜面下側の植物にも影響してしまったらしい。
ほんの少しの傾斜に過ぎないと思っていたけど、傾斜は傾斜だった。

                    

使ってきた芝生除草剤には、除草効果が3ヵ月続くと書いてある。
地面の中に3ヵ月間薬があるってことなんでしょ。
そりゃ溶けて流れて斜面の下にも効くでしょ。
斜面の下にある植物の根っこにも効くでしょ。

ネットの商品ページには、土壌処理型であるとか、
こういう働きをするものだから気を付けろなんて書いてないけど、
メーカーのページには書いてある。
シロートが買う時によくわかるようにしてもらえないかなぁ。

                    

芝生の除草剤の中には、茎葉処理型のもあることがわかった。
ピンポイントで、芝生の中の雑草にシュッと掛けるらしい。
イネ科には効かない。それでも傍の芝生が多少黄ばんだりするが、回復するんだって。

※ 茎葉処理型の芝生用で見つけたのはコレ

一番いいのは、除草剤を使わないで、手で抜くことでしょうね。
BBみたいに”手抜き”じゃなくて。

ウチの芝生は、一昔前に貼ったところと昨年のと今月貼ったところがある。
芝生用の除草剤を使ったのは一番古いところだけで、
この春に振り掛けてから6か月たっている。
地面で働いていた除草効果もなくなったころでしょう、、、と楽観して、
低木が抜けた後に新しく、クチナシを植えた。がんばれクチナシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

「除草剤だ除草剤だ」方式  切っちゃった柚子は

今朝もハヨから庭内荒地の開墾に勤しみました。
除草剤で上物が枯れた笹とヒメヒオウギスイセンの、しぶとい根っこと球根を掘り出します。
道具は、芋掘りに使う土起こしとスコップと熊手、剪定鋏。

笹は、地中で横につながる頑丈な根っこには到達できず、
仕方なく泣く途中の茎をチョッキン。
笹の多い場所は、芝を貼りたくない。
均して、コンクリ平板の出番か。

掘り進んで既存の芝生の端っこに来たら、
見覚えのある丸みのある石が2個、埋まっていた。

芝の端に石が並んだら、ちょっといい眺めになりそう・・・と、
10年くらい前に置いたのだった。
年々、芝と土に埋もれていくのを眺めていた。そのうち見えなくなった。

芋掘り道具で丸い石を掘り起こして、邪魔にならないところに置いた頃に、
南隣氏が回覧板を持ってご登場。

辺りをぐるりと見まわして、なんだかやってるな…と思われたんでしょ、
もの問いたげなお顔をこちらに向けられる。
要らないものを掘り出してから芝生を少し広げようと思っていることを
話す。   この石もあんたが掘り出したのかい? そーです! 力自慢!

                    

実はこちらも彼に教えて貰いたいことがあって、チャンスを待っていた。
一つは、以前、玄関前に砂利を敷いて突き固めたと聞いていた。
我が家のコンクリ平板を敷く前にも土をとんとん固めるのだけど、
踏み踏み程度でドライモルタルを載せる方式。もっと固めるには、
その道具は?
  ・・・・・奥さんと、ナニカを持ってドンドンッ、・・・・・
そのナニカが、どうしても聞き取れなかった。
生粋の土地っ子の彼は、、、、ネイティブ弁で、、、、。

もう一つの質問、
南隣庭は、メインが広めの家庭菜園で、その周囲は雑草の姿が全くない。
薬にしたくても無い。・・・・・ウラヤマシイのです。

ご夫婦ともにマメに草取りをする姿を見ているから、マメさが一番大事だとは
よくよくわかっているのだけど。

結論! 除草剤だよ除草剤! でした。
それでも少しは生えてくる。それを手で刈って、でも広がって来るから除草剤。

彼は、BBが何やら植え込んで草ボウボウにしか見えない辺りを指して、
全部刈って、次に少し伸びたところで除草剤を撒くといいよ。
ポンプの噴霧器を貸してやろうか?
あ、ありがとうございます、持ってます、いろいろ道具は増えました・・・。

                    

南隣家とウチには同じ古いイヌ柘植の木がある。
土地の所有者が元は同じで、50年も前からそこに在るらしい。
そうして、どちらも同じように木がお疲れの様子。

あの木は50年も経てば枯れるものらしい、とどちらも諦めながら、
木の足元をよく刈り込んでやるといいよ、とアドバイスをいただいた。
やっぱりね、ボウボウに気が付いたのが昨日だもん。
昨日と今朝、ちょきちょきやったけどまだまだ。

                    

Photo_2
ウッカリ切り落とした未熟の獅子柚子。
これから中身が大きくなっていくんだったのにね、ワルカッタ。
皮とわずかな実を刻んで冷凍。
薬味になってもらいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

芝生に決めた

笹とヒメヒオウギスイセンに占領された四畳半くらいの、
除草剤と鎌で格闘中の、現況荒地。

Photo
目立つのは笹の枯葉、地面に潜行中なのが強烈増殖力の球根。
この二つに対抗策を考えてきた。
決めました。
芝生メインで行きましょっ。
この右手には、GGが闘病中に、とても楽しみにして植え付けた芝生が広がっている。
新しい芝生がうまくつながっていけば、今のBBの楽しみが繋がる。

Photo_2
高麗芝と、床土用の加熱処理済みの土も注文した。

芝生メインで、植栽周りは敷石舗装もありかな。これは手持ちの材料で間に合わせよう。
左手の、大きくなった木々の繁みは、シルバーさんが9月半ばに来て整理してくれる。

この荒れ地を整える作業が、相当ハードル高いけど、
上手くいけば気に入りの眺めになりそう。

                    

この庭、12年目に入ってる。
完成って、言える時が来るのかしら。早いとこ満足したいな。
焦ってもできないことはできないけど、
ま、そうやってモタモタやるのがBBふうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

今朝のお月さん

今朝の目覚めは4時過ぎ。
西の窓を開けたら、光が一筋差し込んだ。
な~んだろ?  明るいお月さんだった。
見とれてしまった。

次にお月さんに気が付いたのは5時2分。そろそろ日の出の時間。

Photo
もう空がだいぶん明るくなって、お月さんはほんのりピンク色になって、こっち見てた。

5時半ごろから、刈り込みばさみで草刈りジョキジョキ。膨~~大な雑草ども。
丈が高くなった草の始末は、まず刈り込みばさみで地際を刈ってから、
あとで電動の刈り払い機できれいにするつもり。
でも、ブンブン音を立てて平気な時間帯は、暑過ぎて何もできないまま。

紫陽花の一株が、蒸れてしまったか傷んでいる。
獅子柚子の周りを刈ったついでに、徒長した枝を何本も切って、
地際の一本を切った時に、アレッ?重い!
青い実がついていたぁ。見てなかったぁ。失敗。
手のひらにちょうど乗るサイズの獅子柚子ができていたのに切ってしまった。
勘弁!  去年もそうだったけど、地際にある枝に実がつくんだねぇ、
木が若いせいかしら。上の方にもどんどんできるのはいつ頃かしら。

普通サイズの柚子のほうは今年は贅沢に生っている。これは楽しみ。

雨、なかなか降らないなぁ。
今夜は珍しく稲光がしてゴロゴロも聞こえるんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

庭仕事胸算用

おやおや、炎暑が治まった?
唐突な気もして、少々不気味。

とはいえ、少し気温が下がったら、庭仕事のできる時間が増える。
これまでは早朝だけだったのが、夕方にも少し。
もっとも、日が短くなってきているけど。

★一番の課題は、伸び放題の雑草の始末。
見るだけでゲンナリで、見て見ぬふりも限界。
草刈り機は音が近所迷惑になるから早朝にはできない。
夕方、少しずつでも進めよう。

★雑草ではないのだけど、
広範囲に異常に増殖したヒメヒオウギスイセンの始末にも
かなりのエネルギーが必要。

周囲には白や黄色の水仙もあるので、その水仙が咲き終わり、
葉もほぼ枯れた7月になって、元気過ぎるヒメヒオウギ軍団の葉に
除草剤を散布した。
すっかり枯れた葉の足元から鎌で刈ってみると、
枯れたのは葉だけで、球根が健在!みっしり!
地道に掘り出すしかない。ただいま進行中。

まだ放置してある部分もあるから、合わせるとたぶん、
範囲は畳にして4畳半近くになるかも。
その中には大事にしたいスノードロップも混在するのが悩みの種。
体力が続くかってところだけど、ま、予め心配しても仕方がない。

★エニシダが枯れてしまった。
剪定が下手だったのかな。通行妨害してた枝を一本切ったら、ドンドン枯れた。
この春も見事に花を咲かせていたのに。
根元を残して、萌芽更新できるかな。

                    

シンドイ仕事の先に、何か鼻先ニンジンをぶら下げなきゃ。

★不要の球根を始末して更地になった跡をどう楽しむか。
もう何も生えてこないようにと舗装するか、
隣接する芝生に続けて、ここも新しく芝を植えるか、
何か一年草を植えるか。 
何か拡がり過ぎないグランドカバーを植えるか、
除草剤を常用して剥き出しカチカチの地面にするか。

やっぱり、芝生拡張かなぁ。
芝生予定の地中の不要なものを取り除いてもきっと取りこぼしがある筈。
それが芽生えてニョキニョキ生えるのは防がなきゃ。
防草シートを張って、芝生に向く土を乗せる、
それから芝貼り、と行こうかな。

★古い柘植の樹の枝ぶりが相当乱れてる。
庭木として和風のきれいな刈り込みをする気は毛頭ないのだけど、
拡がり過ぎが気になる。すっきりさせたい。

★そろそろシルバーの剪定担当さんから連絡があるんじゃないかな。
カエデの一本伐採を含む数本の強剪定を頼んでいるから、
涼しくなるころにはかなりサッパリした眺めになるだろうねぇ。
楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)