カテゴリー「雑草対策」の記事

2018年11月 6日 (火)

見切りをつけて除草剤

植えて10年くらいになるのかな、羽衣ジャスミンの花が、とんと咲かない。
はじめの何年だか、4月ごろにちゃんと咲いた。
ジャスミンと名はついても、これはジャスミンティのあの芳香とは違う香りだった。
香りはともあれ、咲いてくれたらいいのに、葉ばかり繁るし、ヘンに枯れたりする。
何が原因だかわからないまま、咲く気が無くて、引退したいんだね、という結論。

うまく育てられないものを放っておくより、その場所には別のものを植えて楽しみたい。
久しぶりで除草剤を取り出した。
羽衣ジャスミンの足元めがけてシューシューッ。
枯れる気なら根っこからすっかり終わりにしてくれた方がいい。

そういえば、除草剤で始末したいものが他にもあった。
建物とイヌバシリの隙間に勝手に生えて蔓延った蔓日々草。
夏に咲く紫色の花は可愛いけど、伸びた蔓は地面に新しい根を生やして増えていく。
場所によっては迷惑なんだから。

庭のあちこちで元気な笹にも、除草剤。
あんまりうれしくない仕事だけど。

                    

Photo
庭の端っこのピーマンが細々ながらまだ生ってる。
なんだか真っ赤なものが見える・・・と寄ってみたら、
見落としていたピーマンが一個、大きく赤くなっていた。
ちょっと儲けた気分。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

芝生の除草剤 茎葉処理型と土壌処理型

芝生を拡げるのがシュミのBBとしましては、芝生に生える雑草対策が大事。
これまで、芝生全体に均一に振り掛ける顆粒状の除草剤を使ってきた。
日本芝などのイネ科の植物には作用しないということで安心して振りフリしていた。

今、その除草剤にストップをかけたところ。

少し傾斜した芝生の下側に植えてあった低木類が、ダメになった。
庭ナナカマド・アカメ柳・馬酔木・それに山吹も。

全体が枯れて、根が傷んでいるのが判って、引っこ抜いて終わり・・・哀れ。
それだけダメになってやっと疑問を持った。ニブイなぁ。
芝生の除草剤のせいじゃないの?

除草剤って、どれも、雑草の葉っぱや茎に掛けたら根っこまで浸透して効いて枯れる、
地面に落ちたらその時点で薬は無力化する、
そういうものばかりだと思っていた。
だから、周囲の植物に掛からないようにさえ気を付ければ大丈夫だと思っていた。

いろいろダメにしてからやっと、何か違う?と疑った。

                    

芝生用に限らず、除草剤には、茎葉処理型と土壌処理型の2種類があるらしい。

   茎葉処理型は、茎や葉に掛けたら根っこまで浸透して全体が枯れる。
             薬液は地面に落ちた時点で効力がなくなる。
             植物に掛かったものだけの効果。
  
   土壌処理型は、地面に残って効果を継続して、新しく落ちた種にも効く。
             雑草の発生前、発生初期に使用する。
             傾斜地では絶対に使用しないこと。
             

芝生用にBBが使っていたのは、この土壌処理型だった。
地面に数か月残る除草効果が、水で流れて斜面下側の植物にも影響してしまったらしい。
ほんの少しの傾斜に過ぎないと思っていたけど、傾斜は傾斜だった。

                    

使ってきた芝生除草剤には、除草効果が3ヵ月続くと書いてある。
地面の中に3ヵ月間薬があるってことなんでしょ。
そりゃ溶けて流れて斜面の下にも効くでしょ。
斜面の下にある植物の根っこにも効くでしょ。

ネットの商品ページには、土壌処理型であるとか、
こういう働きをするものだから気を付けろなんて書いてないけど、
メーカーのページには書いてある。
シロートが買う時によくわかるようにしてもらえないかなぁ。

                    

芝生の除草剤の中には、茎葉処理型のもあることがわかった。
ピンポイントで、芝生の中の雑草にシュッと掛けるらしい。
イネ科には効かない。それでも傍の芝生が多少黄ばんだりするが、回復するんだって。

※ 茎葉処理型の芝生用で見つけたのはコレ

一番いいのは、除草剤を使わないで、手で抜くことでしょうね。
BBみたいに”手抜き”じゃなくて。

ウチの芝生は、一昔前に貼ったところと昨年のと今月貼ったところがある。
芝生用の除草剤を使ったのは一番古いところだけで、
この春に振り掛けてから6か月たっている。
地面で働いていた除草効果もなくなったころでしょう、、、と楽観して、
低木が抜けた後に新しく、クチナシを植えた。がんばれクチナシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

「除草剤だ除草剤だ」方式  切っちゃった柚子は

今朝もハヨから庭内荒地の開墾に勤しみました。
除草剤で上物が枯れた笹とヒメヒオウギスイセンの、しぶとい根っこと球根を掘り出します。
道具は、芋掘りに使う土起こしとスコップと熊手、剪定鋏。

笹は、地中で横につながる頑丈な根っこには到達できず、
仕方なく泣く途中の茎をチョッキン。
笹の多い場所は、芝を貼りたくない。
均して、コンクリ平板の出番か。

掘り進んで既存の芝生の端っこに来たら、
見覚えのある丸みのある石が2個、埋まっていた。

芝の端に石が並んだら、ちょっといい眺めになりそう・・・と、
10年くらい前に置いたのだった。
年々、芝と土に埋もれていくのを眺めていた。そのうち見えなくなった。

芋掘り道具で丸い石を掘り起こして、邪魔にならないところに置いた頃に、
南隣氏が回覧板を持ってご登場。

辺りをぐるりと見まわして、なんだかやってるな…と思われたんでしょ、
もの問いたげなお顔をこちらに向けられる。
要らないものを掘り出してから芝生を少し広げようと思っていることを
話す。   この石もあんたが掘り出したのかい? そーです! 力自慢!

                    

実はこちらも彼に教えて貰いたいことがあって、チャンスを待っていた。
一つは、以前、玄関前に砂利を敷いて突き固めたと聞いていた。
我が家のコンクリ平板を敷く前にも土をとんとん固めるのだけど、
踏み踏み程度でドライモルタルを載せる方式。もっと固めるには、
その道具は?
  ・・・・・奥さんと、ナニカを持ってドンドンッ、・・・・・
そのナニカが、どうしても聞き取れなかった。
生粋の土地っ子の彼は、、、、ネイティブ弁で、、、、。

もう一つの質問、
南隣庭は、メインが広めの家庭菜園で、その周囲は雑草の姿が全くない。
薬にしたくても無い。・・・・・ウラヤマシイのです。

ご夫婦ともにマメに草取りをする姿を見ているから、マメさが一番大事だとは
よくよくわかっているのだけど。

結論! 除草剤だよ除草剤! でした。
それでも少しは生えてくる。それを手で刈って、でも広がって来るから除草剤。

彼は、BBが何やら植え込んで草ボウボウにしか見えない辺りを指して、
全部刈って、次に少し伸びたところで除草剤を撒くといいよ。
ポンプの噴霧器を貸してやろうか?
あ、ありがとうございます、持ってます、いろいろ道具は増えました・・・。

                    

南隣家とウチには同じ古いイヌ柘植の木がある。
土地の所有者が元は同じで、50年も前からそこに在るらしい。
そうして、どちらも同じように木がお疲れの様子。

あの木は50年も経てば枯れるものらしい、とどちらも諦めながら、
木の足元をよく刈り込んでやるといいよ、とアドバイスをいただいた。
やっぱりね、ボウボウに気が付いたのが昨日だもん。
昨日と今朝、ちょきちょきやったけどまだまだ。

                    

Photo_2
ウッカリ切り落とした未熟の獅子柚子。
これから中身が大きくなっていくんだったのにね、ワルカッタ。
皮とわずかな実を刻んで冷凍。
薬味になってもらいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

芝生に決めた

笹とヒメヒオウギスイセンに占領された四畳半くらいの、
除草剤と鎌で格闘中の、現況荒地。

Photo
目立つのは笹の枯葉、地面に潜行中なのが強烈増殖力の球根。
この二つに対抗策を考えてきた。
決めました。
芝生メインで行きましょっ。
この右手には、GGが闘病中に、とても楽しみにして植え付けた芝生が広がっている。
新しい芝生がうまくつながっていけば、今のBBの楽しみが繋がる。

Photo_2
高麗芝と、床土用の加熱処理済みの土も注文した。

芝生メインで、植栽周りは敷石舗装もありかな。これは手持ちの材料で間に合わせよう。
左手の、大きくなった木々の繁みは、シルバーさんが9月半ばに来て整理してくれる。

この荒れ地を整える作業が、相当ハードル高いけど、
上手くいけば気に入りの眺めになりそう。

                    

この庭、12年目に入ってる。
完成って、言える時が来るのかしら。早いとこ満足したいな。
焦ってもできないことはできないけど、
ま、そうやってモタモタやるのがBBふうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

今朝のお月さん

今朝の目覚めは4時過ぎ。
西の窓を開けたら、光が一筋差し込んだ。
な~んだろ?  明るいお月さんだった。
見とれてしまった。

次にお月さんに気が付いたのは5時2分。そろそろ日の出の時間。

Photo
もう空がだいぶん明るくなって、お月さんはほんのりピンク色になって、こっち見てた。

5時半ごろから、刈り込みばさみで草刈りジョキジョキ。膨~~大な雑草ども。
丈が高くなった草の始末は、まず刈り込みばさみで地際を刈ってから、
あとで電動の刈り払い機できれいにするつもり。
でも、ブンブン音を立てて平気な時間帯は、暑過ぎて何もできないまま。

紫陽花の一株が、蒸れてしまったか傷んでいる。
獅子柚子の周りを刈ったついでに、徒長した枝を何本も切って、
地際の一本を切った時に、アレッ?重い!
青い実がついていたぁ。見てなかったぁ。失敗。
手のひらにちょうど乗るサイズの獅子柚子ができていたのに切ってしまった。
勘弁!  去年もそうだったけど、地際にある枝に実がつくんだねぇ、
木が若いせいかしら。上の方にもどんどんできるのはいつ頃かしら。

普通サイズの柚子のほうは今年は贅沢に生っている。これは楽しみ。

雨、なかなか降らないなぁ。
今夜は珍しく稲光がしてゴロゴロも聞こえるんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

庭仕事胸算用

おやおや、炎暑が治まった?
唐突な気もして、少々不気味。

とはいえ、少し気温が下がったら、庭仕事のできる時間が増える。
これまでは早朝だけだったのが、夕方にも少し。
もっとも、日が短くなってきているけど。

★一番の課題は、伸び放題の雑草の始末。
見るだけでゲンナリで、見て見ぬふりも限界。
草刈り機は音が近所迷惑になるから早朝にはできない。
夕方、少しずつでも進めよう。

★雑草ではないのだけど、
広範囲に異常に増殖したヒメヒオウギスイセンの始末にも
かなりのエネルギーが必要。

周囲には白や黄色の水仙もあるので、その水仙が咲き終わり、
葉もほぼ枯れた7月になって、元気過ぎるヒメヒオウギ軍団の葉に
除草剤を散布した。
すっかり枯れた葉の足元から鎌で刈ってみると、
枯れたのは葉だけで、球根が健在!みっしり!
地道に掘り出すしかない。ただいま進行中。

まだ放置してある部分もあるから、合わせるとたぶん、
範囲は畳にして4畳半近くになるかも。
その中には大事にしたいスノードロップも混在するのが悩みの種。
体力が続くかってところだけど、ま、予め心配しても仕方がない。

★エニシダが枯れてしまった。
剪定が下手だったのかな。通行妨害してた枝を一本切ったら、ドンドン枯れた。
この春も見事に花を咲かせていたのに。
根元を残して、萌芽更新できるかな。

                    

シンドイ仕事の先に、何か鼻先ニンジンをぶら下げなきゃ。

★不要の球根を始末して更地になった跡をどう楽しむか。
もう何も生えてこないようにと舗装するか、
隣接する芝生に続けて、ここも新しく芝を植えるか、
何か一年草を植えるか。 
何か拡がり過ぎないグランドカバーを植えるか、
除草剤を常用して剥き出しカチカチの地面にするか。

やっぱり、芝生拡張かなぁ。
芝生予定の地中の不要なものを取り除いてもきっと取りこぼしがある筈。
それが芽生えてニョキニョキ生えるのは防がなきゃ。
防草シートを張って、芝生に向く土を乗せる、
それから芝貼り、と行こうかな。

★古い柘植の樹の枝ぶりが相当乱れてる。
庭木として和風のきれいな刈り込みをする気は毛頭ないのだけど、
拡がり過ぎが気になる。すっきりさせたい。

★そろそろシルバーの剪定担当さんから連絡があるんじゃないかな。
カエデの一本伐採を含む数本の強剪定を頼んでいるから、
涼しくなるころにはかなりサッパリした眺めになるだろうねぇ。
楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

水遣り  除草剤散布

こう日照りが続くと、ヒトばかりが辛いんじゃなかった。

ミニトマトの葉がカサついているように見える。
背の伸びも止まっているみたい。
日中に見ると、ピーマンもゲ~ンナリしているように見える。

去年だったか、お隣さんから胡瓜を頂戴したときに、
雨が降らないからキュウリの皮が固い、と聞いた。
あ、そうだった、と、今頃思い出す。
ミニトマトは粒が小さい気がするし、やっぱり皮が固い。

もう少し早く気が付けばよかった、と、何によらず後手に回る。
4~5日前から、早朝の仕事は、真っ先に水遣りと決めた。

室内の温度が↓こうだもん。

Photo
朝の4時台でもう29.4℃。
メゲちゃいそうだけど、
植えたものがメゲないように、と身支度を急ぐ。

今年植えたものだけは、まだ根が十分に張ってないだろうから
一杯、といわずたっぷり献上。
ミニトマトとピーマンの他に、挿し木したローズマリー、ハクチョウゲ、
球根一つだけ植えてみたカラーは息も絶え絶え。
カサブランカは花が殆ど終わりに見えてまだ蕾もあるから、一杯どうぞ。
芝生にもジャージャーと、これは伸びすぎてホースのジョロモードでは物足りないから
ストレートモードでバッチリ。

さぁてお次は、
枯れてくれっ!と、絶滅歓迎種の見事な雑草軍に、
除草剤を!

植えこんだものの周囲と、通路周辺、
噴霧器5リットルをおかわり3回して、
掛けてやりたいところはまだ終わらないけど、くたびれたし、ハラヘッタ。
マスクも手袋も蚊取り線香もむしり取って、シャワー。
へとへとだけど、ヤッタゼ感。
アサメシマエの2時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

雑草に負けるな作戦....ミッションインポシブル?

いや。インポシブルだなんて負けてたまるか!作戦は続行中です。

Photo

元々、土があるところに植物が勝手に生えるのは当たり前だと、
分かっちゃいるんだけど・・・。
物分かりのいいお婆さんでいるワケにはいかない。

気に入りの木がパラパラ有るだけであとはな~んも無い、
そんな庭が今んとこ憧れなんだから。

その憧れに自分が気付くのが遅すぎたという気もする。
いろいろ植え過ぎた、ちゃんと管理できてなかった、と
反省はしてる。ホント、遅かったよ~。

でも、諦めるなんて、ね。
反省している間にも、雑草は生える。
手を拱いてばかりはいられない。

な~んも無い部分を作るには、
いつも除草剤をたっぷり使って剥き出しの土の空き地にするのが案外ラクかも。
想像したくもない風景だわ。
やっぱり、管理しやすいグランドカバーの部分と、
雑草が顔を出せない部分を確保したい。 

・・・とゴタクを言っている間にも雑草は伸び伸び、わが世の夏を謳歌してるなぁ・・・
ヤエムグラ繁れる、引き続き、人こそ見えね秋は来ちゃうってことになるぞなるぞ・・・

んでもって、ドライモルタルとコンクリ平板利用の、「絶対に草が出てこない部分」作りに
強力な助っ人You君の力を借りてます。
この日も、4時頃に起きて仕事始めが5時頃。
2時間余りの働き。

そのあと、シャワーを浴びたりゆっくり朝ご飯にしたり、
(聞き手が居るもんだから調子に乗ってペチャクチャ喋るババに根気よくつきあう彼です)
続いて朝の昼寝。
外はカンカン40℃に近づく。

ただいま大模様替え大会中でごった返す室内のモノの移動も頼んで、
オッシ! エンジンをかけてもらえた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

笹に除草剤っ !

気になって気になって仕方がなかった笹軍団 !
他ならぬ芝生になんか生えてこないでもらいたい。
芝を貼る前にも貼ってからでも散々目の敵にしてきた。

芝が生育中には、笹だけ狙うにしてもフツウの除草剤は控えてきた。
芝生に生える雑草を狙って、芝専用の除草剤は使ったけど、笹には無効だった。

去年3月に貼った芝が、今はボッサボサに真っ緑の厚い絨毯。
ここまで育ったから、もう辛抱も覚えてもらおう。
フツウの除草剤を濃く溶かし、
ゴム手の上に軍手を重ねる。
軍手が除草剤を吸う。
その手で笹を、根元近くからす~っと掴み撫で上げる。

Photo 
ドウダドウダッ?いやでしょ?枯れなさい!
嫌ならもう出てこないでっ。

…てな具合に簡単に行かないのはわかってるけど、やっぱり期待する。

軍手に浸みた除草剤が、少しは芝にも落ちたとは思う。
勘弁して、頑張りましょっ。

そういえば、この芝生ではリッピア退治にかなりエネルギー使った。
リッピアは、これも目の敵にされたせいで、今は殆ど鳴りを潜めている、、、
…と思ったら、一本だけ見つけた。即処分。

                    

このあたりはこれから一週間ほどは天気予報に雨マークが無い。
除草剤の使い時。

しっかし、いきなり暑過ぎです。

家に入るなり、マスク・ゴーグル・二重の手袋・長靴をポンポン投げ出して、
エアコンをON 、、、(ついこないだは暖房のほうにONだったっけ)、
ポカリをグビグビプハーー。

                     

今朝、まだ暑くならないうちにささやかな収穫があった。
お昼に食べよう。
イチゴ、ミニトマト、ピーマン、ブルーベリー、ほんと、ささやか。
でも、なんとなく、やったぜ感。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

春仕事、除草剤とモッコウバラ誘引

芝生の中の雑草を枯らすための除草剤は、2月の上旬に今年一回目の散布をした。
今日は一般的な除草剤、なんでも枯らしちゃうタイプの、今年一回目。

5リットル入り、電池で動くポンプ式噴霧器で一杯だけ。
玄関ドア前の雨落ちにチョイチョイと掛けて、
建物とイヌバシリの境目にもチョイ。
メインは、北側の裏通路。
防草シートの上に砂利を敷いてあっても、雑草はシートを突き破って、
今年ももう出てきてる。

裏通路から続いて、北隣家との境の塀沿いにはばっちり。
敷石を敷いてあるところは、モルタルを使ってない部分だけは目地にもう
元気なのがニョキニョキ。
いまに、生えるスキ無しってことにしてやるから、今日のところは除草剤!

5リットルで結構使えたなぁ。ちゃんと効きますように。

                    

今度は、脚立を持ち出して、
目隠し用のアーチに絡ませたモッコウバラの剪定と誘引。
シュートがのびのび拡がって、新芽がニョキニョキ中。

                    

円く作った小さな畑で菜花も蕾を付けて伸び伸びしてる。
大きくなった葉と蕾も収穫。これが美味しいのよ。

スティックブロッコリは、葉をさんざんヒヨドリに食べられて、でも頑張って蕾をつけてる。
これはまだ食べたら可哀そうな小ささ。

                    

今日午後は電車に乗ってカルチャーへ。
「The Rose」の一回目。
予習充分でバッチリ。センセイ曰く、メロディも歌詞も易しいから、
あとは気分を載せて歌えるように、って。
それから、この歌は、若い人が歌うよりちょっとトシウエのヒトが歌う方がいいですね、とも。
内容が応援歌だからね。
ちょっとどころかかなりトシクッてますがね。

3月いっぱいこれを歌って、
BBはこのクラスを自主卒業しようと思う。
もう、気が済んだから。

明日はピアノの日。
今、ショパンの別れの曲にガップリ、、、
これまで習ったのとは違う指使いなんかあるし、面白いけど、なかなか・・・。
このクラスはまだ卒業する気がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)