« 小玉西瓜  ブルーベリー | トップページ | 小玉西瓜  ガクアジサイ  獅子柚子 »

2020年6月17日 (水)

茅  リッピア  ナニワイバラ  ユスラウメ

200617_20200617113601
真ん中にブチブチ切られて立っているのは茅。
周りにグンニャリ寝ているのがシラーペルビアナの葉。

シラーの花が終わるころから、がぜん勢いを増したのが茅!
茅がボウボウでは情けなくもみっともない風景。
茅はここ2~3年増え続けている。

茅の根っこは地面の中で横につながっていて、しぶとさも超一流。
放っておくわけにはいかない。
だいぶん引っこ抜いたけど、く~ったびれるし、賽の河原の石積みに近い。
もう除草剤の出番。

茅の長い葉をそのままでは、葉先に掛かった薬はシラーの上に散る。
長さを半分以下に切った茅の茎にだけ、
必要十分な量を掛けよう。

ゴム手の上に軍手を重ねて、その手を
濃い除草剤に浸す。
茅の茎を撫でる。撫で~る。

梅雨の晴れ間の仕事、今日一日でも薬の効果を期待!

シラーの葉が枯れるまで待てば、
球根が栄養を蓄えた後なら別の手があるとは考えた。

球根をごっそり全部掘り上げて、
残った茅を、土の中に残った強い根っこごと掘り出し、
その跡一面に除草剤を撒く、、、のが良さそう。

でも、無理ね。
シラーと茅の範囲が拡がってるから、
大変な力仕事になりそう。ユンボが欲しいな。


200617_20200617113603
リッピアの小花が咲く通り道。
こんなところにリッピアを植えた覚えは無いし、
こんなところに芝生を植えた覚えもないけど、
どっちも離れたところから陣地を拡げてきて、
争わず共存してる。
6月の気に入りの眺め。

配達の車が入り込んだり自分が歩き回ったりで
踏みつけるのは日常だけど、平気みたい。

200617_20200617113602
そのリッピアを鉢植えにしてみよう。
根付いて茎が伸びたら、鉢から垂れて花が咲きそう。
リッピアの根性をアテにしてみよう。

この鉢の真ん中にはプラスチックのボトルを逆さまに立ててある。
筒の中には、鯉のぼりの柱を立てるための杭が
地面からにょっきり立って入ってる。
鉢をまっすぐ持ち上げたら杭が現れるってわけ。

以前、杭を剥き出しで雨ざらしにしていたら錆びてしまった。
庭に放置されていた植木鉢の、底穴が大きめのを見つけて、
百均のプラスティックボトルを穴にかぶせて、こんな杭カバーができた。


200617
ナニワイバラを少々切ってやったので、
挿し木して増やす気になった。
根が出たらどこに植えるつもりなんだか・・・。



200617_20200617113604
ユスラウメ
丈夫そうな葉っぱが茂ってきた。


 

 

|

« 小玉西瓜  ブルーベリー | トップページ | 小玉西瓜  ガクアジサイ  獅子柚子 »

日のあるうちは」カテゴリの記事

雑草対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小玉西瓜  ブルーベリー | トップページ | 小玉西瓜  ガクアジサイ  獅子柚子 »