カテゴリー「日のあるうちは」の記事

2020年9月18日 (金)

ビーツ

Photo_20200918101601
ビーツ できるといいな

今朝 プランターに種を蒔いた。
風がとても強くて、小さい種が飛ばないように
腐葉土を乗せて押さえて水遣り。

根菜だからプランターの土は深くなくては、と用意してあった。
前に使った時は鉢底石をバッチリ敷いていたけど、
石も土も全部出して、鉢底ネットだけ敷いて、土はたっぷり。

10日くらい前に、自家製草木灰を入れておいた。
自家製雑草堆肥がもう少なかった。
腐葉土は市販のものだけどたっぷり。
油粕も少々。
ほんとうは化成肥料とか使うのかな。

ビニールシートにプランター3個分の土を置いて
スコップで混ぜ混ぜ。けっこうな土方仕事。

厳密な準備なんて、もともとできない。
それでも、おいしいものが出来たらと、期待してる。

写真は種屋さんから拝借。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

ヤマイモ  ナニワイバラ

200913
山芋の種らしい

フェンスに這わせたかったものとは別に
勝手に伸びて拡がって
むかごも種もちゃんとつけてる。

根元を根気よく掘ったら山芋が出てくるのかな。


200913_20200913104401
ナニワイバラを定植してみた。
傍にはモッコウバラがある。
モッコウバラはジャングルになるからもうやめたい。
ナニワイバラが茂るようなら
モッコウバラはおさらばしよう。

もっとも、いま大きく育ってるナニワイバラも
けっこう拡がったんだけど・・・

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

ムラサキシキブ

200912
紫式部  また植えてしまった。

農協の直売所に野菜を買いに行ったのに、
真っ先に目に飛び込んでくるんだから、しかたない・・・
ちゃんと育って50cmくらいの枝が何本もあって
実がたくさんついて、
この季節なんだなぁと感じさせてくれて、
税込み605円なんて、我慢は出来なかった。

うちにはよく繁った式部さんがあったんだけど、
傍で安易に使った除草剤の影響で
根腐れさせてしまった。
申し訳なかったとずっと思ってた。

ここぞという場所を選んで、
よく見えるように近くの繁り過ぎの卯の花を刈り込んだ。


| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

フジバカマ  猫

Photo_20200904110301
フジバカマ そのうちこんなふうに咲くといいな。

来年は咲くかもと、苗を3本植えた。
地植えすると地下茎でどんどん増えるらしい。
少々拡がってもいい場所を見つけた。

アサギマダラが好む花らしい。
植えた場所の近くには
金柑、温州ミカン、獅子柚子が飛び飛びに並んでる。
蝶の通り道になりそう。

どれもまだ若木。

獅子柚孑だけはもう大きな実をつけるようになったけど、
他は、・・・長生きしなくては。

 もう新しく植えるのはやめよう、コレッキリ、と
何度思ったことか。

 フジバカマの苗には、
ブッドレアの小さい苗がおまけでついてきた。
これは低木らしい。さぁどこに植えようか。



2009042
なぜかBBの庭によく居る猫。
まだオトナの大きさではない。

通り抜けてる時もあるけど、
今朝はこの後長く寝そべった。

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

渋柿

200903
まだ9月になったばかりなのに色づいた実がいくつか
どういうつもりなのかな

10月頃にちゃんとできてきたとしても
今年はコロナのせいで
柿もぎ助っ人を要請するわけにはいかない
高枝切りばさみの出番かな

その前に、台風シーズン!

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

ラベンダーセージ

200829_20200831112801
ラベンダーセージ 

このワンサカぶりが好き。
背丈5cmくらいの小さい苗を、
春に子と孫に植えてもらった。
暑さと共にぐいぐい伸びた。
中にはBBの背丈を越えたものもある。エライ!

| | コメント (0)

2020年8月31日 (月)

カラスウリ

Photo_20200831104601
カラスウリ

モッコウバラ刈り込み中に発見
真っ赤になったのよりこっちの方が可愛いと思って
ついちょん切ってきた

もしかして?そろそろほんとうに?秋が来る?

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

柘植刈り込み

200822_20200822111601
繁り過ぎて私道に張り出したツゲの大枝を
何本も切り払った。

私道とはいえ、我が家への配達の車やバイクも通る。
長さ5メートル余りかな、砂利敷きの坂道になっていて、
歩きにくい。

2週間ほど前の早朝、
この坂で新聞屋さんがバイクで転んだ。
草取りをしていたので異様な音に気が付いて行ったら
彼の脚はバイクの下、新聞が散乱。

幸い、怪我はないようだった。
受け取った新聞は少し破れて泥がついていた。


以前から、砂利の坂を簡易舗装でもしたいと考えていた。
この2メートル幅の私道には
市の所有の90cm幅の里道(赤道)が平行している。
そのお蔭で道幅が十分とれて、車も来れる。

これを機会に、舗装の案を進めたくて、
市の土木課に相談したら、
住所地区からの申請があれば、90cm幅については、
資材の支給ができるという返事。
残り2メートル幅については自分持ち。

地区長さんは早速検討してくれているらしい。
この地区には、舗装もプロが住んでいるらしい。

検討の結果待ちのところなんだけど、
気になるのが、張り出した木の枝、何本も。
これまでも車の邪魔だったかもしれない。
さぁ、切ろう。
切るのは育てるより好き。

電鋸の音を立ててもよさそうな時間を選んで
気持ちよくバッサバサ。

200822
砂利道がすっきり見えるようになった。
庭も風通しが良くなったはず。







| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

秋明菊  シラ―球根

200818
秋明菊
炎暑の只中からよくまぁ蕾をつける気になったこと。
感心していたら、今朝、一つ開花。
植えたつもりのないところにもポツポツ真っすぐ立ってる。
今度はどこで咲くかな。

200818_20200818131601
春には大賑わいで華やかに咲いたシラーペルビアナ、
植え替えをしようと、球根掘り出し。
朝メシ前の一時間ずつ3日分の収穫。
もう一度で終わりかな。

これと並べて植える予定のセージの苗などがそろそろ届く。


| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

秋色紫陽花  玉蜀黍  トマトと西瓜

200812_20200812112402
槇の生垣の中で育った紫陽花は
切り戻し剪定が後回しになっているうちに、
勝手に秋色になっていた。
元は青色だった気がする。

日陰になりがちで、あんまり見てなかったと思う。

このまま切らずにおいたらどんな色の変化を見せてくれるか、
それも楽しみだと一瞬思ったんだけど、
南側の隣家と境界になる生垣だから、
それなりに整えなきゃ恥ずかしい気がして、切った。

自分の好きな色に変わっていてくれて嬉しい。
嬉しいもんだから調子に乗って、
一束お隣りに持って行った。

あれ、こんな色の紫陽花があるのか?ってことになって、
驚いて受け取ってもらえた。

境界の生垣とは言え、そちらからはよく見えていなかったらしい。

庭に居たら熱中症になるからお茶して行け、と、
ゴーヤのカーテンの陰でお茶の時間。
あれ?たしか一昨日もここでお茶をよばれた・・・

200812
今朝そこの畑でもいで茹でたアツアツの玉蜀黍を
ご馳走になってしまった。
甘い! 甘~いっ!
アニサンとアネサンと一緒に、
ほっぺに黄色い粒をつけて齧った。
お土産にもいただいて、
何故かオセンベも一緒に抱えて帰ってきた。

なんだかボーッとするくらいハッピー。
暑さのせいだけじゃない。
食べ物貰ったからでしょ。


200812_20200812112401
今朝のわが庭の収穫。
小玉西瓜はやっとこれで3個目、しかもこれでおしまい。
ノギスを持ち出して測った。
直径8.6cm、高さ9.4cm、重さ358g
バジルは虫に味見を済まされてる。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧